高時給バイトって副業できる?

Home » 高時給バイトナビ » 高時給バイトって副業できる?

高時給バイトって副業できる?

本業とは別に高時給バイトを副業にするのは、基本的には可能です。
ただし本業との兼ね合いや会社規定、スケジュール管理等クリアしなければならない問題は山積みです。
では高時給のバイトを副業で出来るようにするには、どうすれば良いのでしょうか。

副業を行う上で1番のネックになっているのが、会社規定です。
もし「副業OK」となっている会社であれば、第一の砦は既にクリアしているので問題ありません。
しかし「副業禁止」となっている会社となると、かなり難しくなります。
「黙っていれば大丈夫」と思うかもしれませんが、事はそんなに簡単なものではありません。

バレるきっかけとなるのが、住民税です。
会社員であれば住民税を給与天引きにしているので、副業で収入があれば経理担当に知られてしまう恐れがあります。
最近はマイナンバー制度が導入されるようになり、隠しても隠しきれないのが実情なのです。

でも経理上でバレる確率は、実はそんなに高くはありません。
収入を他で得ていたとしても「何で収入を得ていたのか」までは、やり手の経理でも見分けられないでしょう。
また「副業禁止」としている会社でも、どこからどこまでが”副業”として定められているかは会社にもよります。
本業以外で収入を得ていたとしても、会社が「副業ではない」と判断すれば万が一バレても大丈夫です。

しかし経理よりもバレる確率が数倍高くなるのが、ご自分の普段の行動です。
普段と全く違う行動を取ってしまうと、周りも何か勘付きます。
例えば副業として、ナイトワークで毎日働いていたとしましょう。
妙に焦って会社を出る・1日中疲れて眠そうにしている等の行動を取ると、怪しいと睨まれるのは当然です。
また本業そのものにも支障が出れば、「副業しているのか?」という噂も自然と立ちます。
更に働いている店に会社の同僚が来店すれば、言い訳はききません。
副業を行うには高時給ももちろんですが、会社の人間となるべく顔を合わせないように配慮する必要があります。

高時給バイトナビ